看護師は患者さんのケアをするのがメインの仕事になりますが、ドクターや患者さんとの親族、同僚やスタッフといった様々な人との交流を避けられない仕事でもあります。
患者さんの中には心の闇を抱えている人も多く、特に精神科に入院している人や重病を宣告された深刻な患者さんなどには特別な配慮が必要になります。
事情を知らなくても注意深く言葉を選んだり、態度を気を付けたりしなくてはならない細やかな配慮を要求される仕事です。
ちょっとした一言がとげとなってしまったり、軽い態度で臨んだことが怒りに触れたりと誤解を発生させてしまう環境にあることは間違いありません。

楽しく仕事をしていることも時と場合によっては嫉妬を買う時すらあります。
何をしても気にしないという柳に風のような態度で過ごしてやり過ごしていたとしても、患者さんなどのクレームに対しては真摯に反省せざるを得ず、不合理さを実感する時もあるはずです。
こうした状況が積み重なっていくと患者さんだけでなく、自分の心の闇も抱えていくことになります。
毎日を丁寧に心をこめてケアをしているにもかかわらず報われないと考えてしまいこむことが原因になります。

ストレスをうまく解消し、不合理なことも受け止めてうまくリリースすることができるようにトレーニングが必要になります。
最初からすべて気にしないという態度ではあからさまに不信感を感じさせてしまうことになってしまいますので、いったん受け止めてからリリースが鉄則になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です