「仕事」は、毎日の生活の一部であり、生計を支えるためにも重要な役割を持っています。
また、生活のために働き続けざるを得ない女性も少なくないでしょう。
しかし、そのようななかでも、自分のやりがいをみつけて積極的に取り組むことで、仕事への意識を大きく変えることが可能です。

「看護師」は女性の仕事を代表する存在です。
いまは、男性スタッフも増えていますが、やはり、女性ならではの「優しさ」や「気配り」を最大限活かせる仕事です。
ときには、重大な判断が迫られるシーンもありますが、そういった場面に冷静に対応できるのも、女性の「たくましさ」が感じられます。

看護師を目指すきっかけは人それぞれですが、なかには、過去のトラウマによる「心の闇」を抱えている人もいるかもしれません。
看護の仕事は、病気や怪我で苦しむ患者さんや、その家族をサポートする大切な役目を担っています。
また、医療チームをまとめる中心的存在でもあります。

そのため、心の闇を引きずりながら看護現場で働くことに、罪悪感を抱くこともあります。
特に、真面目に考えれば考えるほど出口が見つからず、ひとり悩むことも少なくないのです。
これは、同じような体験をしていても、当事者でないと分からない部分も大きいですね。
しかし、自分が貴重な体験をしているからこそ、患者さんの気持ちに同苦できるのではないでしょうか。
実際、大病を機に「看護される側の気持ち」が分かるようになった看護師も少なくありません。
もちろん、自分の体験がすべての場面で活用できるとは限りませんが、必ずプラスになると前向きに捉えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です